My SEO Research

SEO攻略本【2019年最新版】

プラグイン

3分でできるXMLサイトマップでSEO効果アップ!【ワードプレス 】

更新日:

二匹のシマウマ達

 

サイトマップとは?

サイトマップを一言で表すと、サイト全体のページ構成をリスト形式で記述したもので、ユーザーにもGoogle検索エンジンにもサイトの内容をわかりやすく伝えることで、結果的にSEO効果をあげるものです。

ページの存在を気づかせるだけでなく、サイト内の重複コンテンツとして扱われることがある「カテゴリーページ」「アーカイブ」「タグページ」などをあえてサイトマップに登録しないことで、反対にユーザーやGoogle AIから気づかれにくくすることもできます。ただし、Googleから完全に無視されるわけではありませんので注意が必要です。

 

サイトマップの種類

サイトマップには2種類あります。

XMLサイトマップ(検索エンジンに対してサイト内にはこんな記事が存在してること知らせるもの)

HTMLサイトマップ(ユーザーが記事を探すために設置するサイト内の記事の一覧ページ)

 

ここでは①XMLサイトマップのSEO効果のある設定方法を解説します。Google AIがあなたのサイトを検索表示してくれるようになったり、上位表示させるために必ず必要な設定です。

 

Word Pressならプラグインで簡単にできる

Google XML Sitemapsというプラグインを使うと、自動で記事作成時にサイトマップを更新してくれたり、自動で検索エンジンに通知を入れてくれます。つまり、いちいち記事作成時にサイトマップを訂正する必要がなくなる優れたプラグインです。

以下ではGoogle XML Sitemapsの使い方を説明しますね。

 

Google XML Sitemapsのインストール方法

まずはGoogle XML Sitemapsをインストールします。

右の管理画面から「プラグイン」をクリックし、「新規追加」の検索ボックスに「Google XML Sitemaps」と入力し、インストールして有効化してください。

 

「プラグイン」→「新規追加」→検索ボックス「Google XML Sitemaps」→「今すぐインストール」-(数秒待ちます)→「有効化」

 

有効化すると、右の管理画面の「設定」のところに「XML-sitemap」と表示されるようになります。そこまで移動してください。

「設定」→「XML-sitemap」

 

Google XML Sitemapsの詳しい設定方法

基本的な設定

サイトマップの基本的な設定

まずは「基本的な設定」を設定します。上の画面の6つのチェックボックスには必ずチェックを入れてください。といっても全てデフォルトのままで問題ないのでインストールしたばかりの人は飛ばしてください。

チェックボックスの意味

    • Notify Google about updates of your site・・・Googleにサイト更新したことを通知。SEO効果あり
    • Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site・・・Bingにサイト更新したことを通知。SEO効果あり
    • サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加・・・検索エンジンにサイトマップの場所が正しく伝わるようにするもの。SEO効果あり
    • Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it・・・サイトマップを圧縮します。SEO効果あり
    • HTML形式でのサイトマップを含める・・・サイトマップを人間から見て分かりやすくするためのもの

 

 

Additional Pages

additionalページ

こちらもデフォルトのままで結構です。このページは今後サイトを作っていくときに、似たような記事を作った場合に設定すると、SEO効果があまり落ちないようにできます。売れているページの擬似ページを作り、あえてサイトマップに設定しないことで検索順位を下げずに売上を伸ばしたいときに使えますが、オススメはできません。

 

投稿の優先順位

サイトマップの投稿優先

XMLサイトマップではページの優先度を決めることができます。デフォルトではコメント数にチェックがついていますが、「コメントが多い」=「優先的に巡回してもらいたいページ」とは限らないのです。アンチコメや一人が何回も質問してくる場合もありますがからね。「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れましょう。

優先順位を自動的に計算しない

 

sitemapコンテンツ

サイトマップにどのページまで含めるかを決めます。ここでは検索表示されたい価値のあるページだけを選びましょう。デフォルトでは「カテゴリーページを含める」にチェックは入っていませんが、大規模なサイトを作ろうと考えているなら絶対にチェックを入れるべきです。

 

Excluded Items

何らかの理由で低品質なコンテンツばかり含まれるカテゴリーがある場合は、サイトマップから除くと検索順位が上がると思います。滅多に使い用がないので、どこにもチェックを入れない方が良いと思います。

 

Change Frequencies

Change Frequencies

それぞれのページがどのくらいの頻度で更新されるかという目安をサイトマップで伝えます。検索エンジンにインデックスされる必要のないページの頻度は下げる方がSEO効果が見られます。設定はサイトによって異なりますが、どのようにしたらいいのかわからない場合は上の画像のようにすればいいんじゃないかと思います。

 

優先順位の設定 (priority)

こちらはサイト内のページの中での相対的な優先順位を指定するためのものです。ホームページや投稿ページの値を高く、インデックスされる必要のないアーカイブページなどは低くすると良いでしょう。これも設定はサイトによって異なりますが、どのようにしたらいいのかわからない場合は上の画像のように真似して見てください。

 

「設定を更新」をお忘れなく!

最後に「設定を更新」をクリックして完了です。3分も必要なかったんじゃないかと思います。

 

オススメWordPressテーマ

AFFINGER5

「稼ぐ」に特化しているテーマ。何と言ってもAFFINGER5のSEOの強さはサイトを高速表示させる内部SEOに限ります。以前、120記事程度作った大型サイトを作っていましたが、無料テーマではどうしても重くなりがちだったので、このAFFINGER5を利用したら明らかに速度表示が良くなりました。このサイトも確かに速度表示が早いはずです。中にはAFFINGER5のテーマを入れただけで表示速度が20〜50%も早くなったという声も出ています。また、当サイトにも何種か設置している簡単デザイン48種から徹底カスタマイズまで圧倒的にSEOを最適化しまています。

THE THOR

THE TOHRの公式サイト

「最新SEO&デザインに特化」のテーマ。トールの名に恥じない日本一のWordPressテーマ、SEO・デザイン・機能すべてが揃ったオールインワンテーマを作ろうという目的のもとに集まった、一流の開発メンバーが1年の歳月を掛けてようやく完成したのがザ・トールだそうです。ランキングコンテンツとして作り上げることができるランキング機能もあり、比較サイトを作る際にTHE THOR(ザ・トール)は外せないテーマです。

賢威

「昔からの安定感」のあるテーマ。2007年に賢威はリリースされ、11年前に購入された方は、賢威1.0から賢威7まで全バージョンを所有し、サイトや状況などによって使い分けておられるようです。賢威には25000人を超えるユーザーがいますが、賢威はこれまで、「賢威を選んで良かった」「賢威を使って自分のビジネスに光明が見えた」と胸を張ってもらいたい一心で行ってきたバージョンアップをすべて無料で行っています。

-プラグイン

Copyright© SEO攻略本【2019年最新版】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.