My SEO Research

SEO攻略本【2019年最新版】

プラグイン

サイトマップをGoogle Search Consoleに登録する手順

更新日:

ホワイトタイガー

 

この記事は前回のXMLサイトマップを設定した後にする内容になっています。まだXMLサイトマップを設定してにない方はこちらを先に参照してください。

[blogcard url=”https://m-brearts.jp/seo/xml/”]

 

Google Search Consoleとは?

一言で言うと、Googleの検索機能のことです。前回作成したサイトマップを参考し、Googleが検索表示されやすくなったり、低品質ページを評価しなくなったりします。ここでGoogle Search Consoleに登録することで、Googleがサイトマップの存在を確実に認識してくれるようになります。

 

まずはSearch Consoleにアクセス

下のボタンからSearch Consoleにアクセスしてください。新規タブで表示されます。

Search Consoleへ

 

URLを入力

「プロパティを追加」をクリックするとこのような画面が出てくるはずです。ここにあなたのサイトのURLを入力してください。

「プロパティを追加」→URLを入力→「追加」

 

自分のサイトであることを証明

ここで、Googleに入力したURLが本当に自分のサイトであるか証明しなければいけません。「おすすめの方法」の「 HTML ファイルをアップロード」はFTPを使う正直面倒な作業なので、「別の方法」でもっと楽に設定します。

 

「HTMLタグ」が一番楽

サイトマップの手順

別の方法として「HTMLタグ」のやり方なら2分程度で完了します。HTMLタグをクリックして表示される③のタグを全てコピーしてください。(まだこのページは消さないでくださいね)

①「別の方法」→②「HTMLタグ」→③タグを全てコピー

 

サイトマップのテーマ編集

続いてWordPressのページへ、左の管理画面から「テーマを編集」を表示させ、header.php(テーマヘッダー)を選択します。

WordPress管理画面→「外観」→「テーマの編集」→「header.php」

注意

ワードプレスで子テーマを使っている人は親テーマでheader.php(テーマヘッダー)編集できます。上の画像はAFFINGER5の場合の画面です。

 

先ほど③でコピーしたタグ<meta name=”google-site-verification” content=”????” />をheader.php(テーマヘッダー)の<head>の前に貼り付けます。<header>ではなく、<head>なので間違えないように!後はファイルを更新したらワードプレス での作業は終わりです。

コピーしたタグを<head>の前にペースト

 

 

最後にSearch Consoleのページで「確認」をクリックすると、

 

と表示されたら所有権の確認作業は完了です。

 

サイトマップを追加する

まだ終わりじゃないんですね、ここでSearch Consoleのトップページに戻り、「サイトマップ」をクリックしてください。

サイトマップをクリックし、「サイトマップの追加/テスト」をクリックし、入力ボックスに「sitemap.xml」と入力します。これは前回作成したXMLサイトマップのURLですので、まだ前回のXMLサイトマップを設定いないとエラーが表示されます。

Search Consoleトップページ→「サイトマップ」 →「サイトマップの追加/テスト」→「sitemap.xml

 

すると、、、

 

「アイテムを送信しました。」と表示され、サイトマップをGoogle Search Consoleに登録することができました!

[blogcard url=”https://m-brearts.jp/seo/xml/”]

 

最後に雑談

サイトマップを設定しなくても一切検索表示されないと言うわけではありません。僕が以前作っていた60記事程度のサイトではサイトマップを作ってなかったにも関わらず検索順位1位だったことがあります。

ただ、検索順位1位にも関わらず売り上げはかなり悪かったです。なぜなら売上を狙っているページが検索順位1位と言うわけではないからです。その検索順位1位だったページから狙っているページに流れてくれたユーザーもいましたが、もし、サイトマップをもっと早く設定していたら検索順位も良いままで、売上も伸びたのにな〜〜〜とたまに後悔していますw

サイトマップ、大事ですよ。

オススメWordPressテーマ

AFFINGER5

「稼ぐ」に特化しているテーマ。何と言ってもAFFINGER5のSEOの強さはサイトを高速表示させる内部SEOに限ります。以前、120記事程度作った大型サイトを作っていましたが、無料テーマではどうしても重くなりがちだったので、このAFFINGER5を利用したら明らかに速度表示が良くなりました。このサイトも確かに速度表示が早いはずです。中にはAFFINGER5のテーマを入れただけで表示速度が20〜50%も早くなったという声も出ています。また、当サイトにも何種か設置している簡単デザイン48種から徹底カスタマイズまで圧倒的にSEOを最適化しまています。

THE THOR

THE TOHRの公式サイト

「最新SEO&デザインに特化」のテーマ。トールの名に恥じない日本一のWordPressテーマ、SEO・デザイン・機能すべてが揃ったオールインワンテーマを作ろうという目的のもとに集まった、一流の開発メンバーが1年の歳月を掛けてようやく完成したのがザ・トールだそうです。ランキングコンテンツとして作り上げることができるランキング機能もあり、比較サイトを作る際にTHE THOR(ザ・トール)は外せないテーマです。

賢威

「昔からの安定感」のあるテーマ。2007年に賢威はリリースされ、11年前に購入された方は、賢威1.0から賢威7まで全バージョンを所有し、サイトや状況などによって使い分けておられるようです。賢威には25000人を超えるユーザーがいますが、賢威はこれまで、「賢威を選んで良かった」「賢威を使って自分のビジネスに光明が見えた」と胸を張ってもらいたい一心で行ってきたバージョンアップをすべて無料で行っています。

-プラグイン

Copyright© SEO攻略本【2019年最新版】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.