My SEO Research

SEO攻略本【2019年最新版】

プラグイン

外部リンクにnofollowをつけて高速表示になるプラグイン【ワードプレス】

更新日:

猿が助け合う

ここでは外部リンクにnofollowをつけて高速表示になるプラグイン「Ultimate Nofollow」の説明と設定方法を記述しています。

 

Ultimate Nofollowとは?

Ultimate Nofollowは外部リンクにnofollowをつけることで表示速度が上がり、SEO効果を期待できるプラグインです。いちいちHTMLファイルから「nofollow」と記述するのは面倒ですが、Ultimate Nofollowは数クリックでそれを設定できます。

 

「nofollow」はSEO効果があるのか

Google AIはあなたのサイトのコンテンツやプラグイン、デザインだけでなく、サイト内のリンク先もチェックしているので、外部リンクがあればあるほどサイトの表示速度は遅くなってしまうのです。広告がめちゃくちゃ多いサイトの表示速度が遅いのはこのためです。

「nofollow」と記述することでGoogle AIも外部リンク先まで巡回する必要がなくなり、表示速度が良くなり、結果的に検索順位が上がるかもしれません。

 

 

Ultimate Nofollowをインストール&有効化

いつもどうり、左の管理画面の「新規追加」からUltimate Nofollowをインストールし、有効化させます。

 

「プラグイン」→「新規追加」→検索ボックス「Ultimate Nofollow」→「今すぐインストール」-(数秒待ちます)→「有効化」

 

 

Ultimate Nofollowの使い方

Ultimate Nofollowは新しい記事を書くときに使います。まずは「新規追加」からテキストエディタを開いてください。

「投稿」→「新規追加」→「テキスト」

 

するとテキストエディタにlinkと言う項目ができています。

 

これをクリックすると、、

 

 

 

こんな画面になります。

例えば、Googleの公式サイトにnofollowでリンクをつけたい場合は、以下のようにしてください。

  • URL・・・リンク先
  • リンク文字列・・・サイト内で表示する文字
  • Add rel="nofollow" to link・・・リンク先に「nofollow」を記述できます。

 

すると、Google  

と、表示できるようになりました。

しっかりと、nofollowされています。

 

Ultimate Nofollowの設定

左の管理画面から移動し、「Nofollow all links in comments?」にチェックを入れるだけでコメント欄のリンクが自動的に「nofollow」がつくように設定できます。

「設定」→「Nofollow」→「Nofollow all links in comments?」にチェック

 

  • Nofollow all links in comments?・・・記事のコメント欄に投稿されたリンクに自動で「rel=nofollow」が挿入されるようになります。
  • Nofollow all blogroll links?・・・ブログロール(相互RSS)を設定できます。今はほぼ使われてないのでチェックを入れる必要はないかと思います。

 

Ultimate Nofollowのまとめ

Ultimate Nofollowは簡単に外部リンク先、コメント欄に「nofollow」をつけることができるプラグインでした。

全ての外部リンクに設定したらGoogl AIも巡回する範囲が少なくなるおかげて表示速度も早くなるはずです。

 

オススメWordPressテーマ

AFFINGER5

「稼ぐ」に特化しているテーマ。何と言ってもAFFINGER5のSEOの強さはサイトを高速表示させる内部SEOに限ります。以前、120記事程度作った大型サイトを作っていましたが、無料テーマではどうしても重くなりがちだったので、このAFFINGER5を利用したら明らかに速度表示が良くなりました。このサイトも確かに速度表示が早いはずです。中にはAFFINGER5のテーマを入れただけで表示速度が20〜50%も早くなったという声も出ています。また、当サイトにも何種か設置している簡単デザイン48種から徹底カスタマイズまで圧倒的にSEOを最適化しまています。

THE THOR

THE TOHRの公式サイト

「最新SEO&デザインに特化」のテーマ。トールの名に恥じない日本一のWordPressテーマ、SEO・デザイン・機能すべてが揃ったオールインワンテーマを作ろうという目的のもとに集まった、一流の開発メンバーが1年の歳月を掛けてようやく完成したのがザ・トールだそうです。ランキングコンテンツとして作り上げることができるランキング機能もあり、比較サイトを作る際にTHE THOR(ザ・トール)は外せないテーマです。

賢威

「昔からの安定感」のあるテーマ。2007年に賢威はリリースされ、11年前に購入された方は、賢威1.0から賢威7まで全バージョンを所有し、サイトや状況などによって使い分けておられるようです。賢威には25000人を超えるユーザーがいますが、賢威はこれまで、「賢威を選んで良かった」「賢威を使って自分のビジネスに光明が見えた」と胸を張ってもらいたい一心で行ってきたバージョンアップをすべて無料で行っています。

-プラグイン

Copyright© SEO攻略本【2019年最新版】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.