一人暮らしの自炊は高くつくって本当?食費を抑えるコツや自炊以外の方法を考えてみた!

  • URLをコピーしました!

一人暮らしを始めると、毎日の食事をどうしようか悩みますよね。

この機会に自炊をしてみよう、張り切ったものの、思ったよりも時間や労力、さらに費用がかかると気付いた人も少なくないようです。

では、本当のところ一人暮らしの自炊はコスパが悪いのでしょうか。

食費を抑えるコツは何かありますか?

そもそも自炊以外に方法はないのでしょうか?

今回は一人暮らしの自炊について、役立つ方法や新たな見方をご紹介したいと思います。

目次

一人暮らしの自炊が高くつくときに食費を抑えるコツ

自炊をしたら思ったよりも高くついた、と感じる場合、原因はどこにあるのでしょうか。

大抵、一人分の食材を買ったために費用が割高になったか、一回分の食事を作ったために労力や時間が多くかかったかのどちらかではないかと思われます。

一人暮らしだからといって、小さいサイズの調味料や少量パックの食材などを購入していませんか?

もちろん余らせて腐ってしまうのはもったいないのですが、まとめ買いしたり大容量のものを買ったりした方がコスパは当然良くなりますよね。

それらを一度に使い切るのは難しいですが、全体を冷凍・冷蔵保存しつつ、使う分だけ取り出したり詰め替えたりすれば問題ありません。

野菜もカットされたものより丸ごと購入した方が、新鮮ですし安くもなります。

時間のある時に、そうやって丸ごと買った野菜や大容量パックのお肉をまとめて調理しておくなら、一回分ずつ作るよりも光熱費や手間を抑えることができるでしょう。

作り置きがあると、疲れて帰ってきた時の夕飯の準備が楽になりますし、それを詰めてお弁当にすることもできて便利ですよ。

最近はアプリやyoutubeなどでも、簡単にできる作り置きレシピがたくさん紹介されていますから、この機会に取り組んでみてはいかがでしょうか。

けっこう始めてみたらはまっちゃった、なんていう人も多いみたいですよ。

一人暮らしの自炊が高くつくなら自炊をやめるのもあり!

とはいえ、作り置きする時間はないし、そもそも料理が得意ではないから難しい、という人もいますよね。

なんとか頑張ろうとやってみたけれど、時間やストレスが増えるばかりでやっぱり自分には向いていないように思える、という人もいるかもしれません。

そんな時は、思い切って自炊をやめるのもありではないでしょうか。

無理に自炊をしなくても、お惣菜を買ったり外食したりすることもできます。

お店によっては、閉店前などにかなり安く値引きされたお惣菜やお弁当を購入できたりしますので、自炊するよりコスパが良いかもしれません。

出前・配達サービスも発達していますので、買い物に出たくないような時にも自宅でお店の料理を美味しくいただくことができちゃいます。

そうやって自炊しなければ、その分の食材費や光熱費はかかりませんし、キッチンが汚れないのでお掃除の手間も省けます。

調理のための時間を、趣味や勉強、また友人との時間などに多く充てられるかもしれませんね。

最近はコストパフォーマンスに加えて、タイムパフォーマンスも考慮されるようになっています。

どこに時間や労力をかけるのが自分にとって最善なのか、考え直してみるのも良いかもしれません。

一人暮らしの自炊が高くつくと感じるなら宅食に頼ってみよう!

でも、できあいの物に頼ってばかりでは栄養が偏ってしまう、と心配になりますか?

確かに、自分の好きなお惣菜ばかりをいつも購入していると、だんだん健康面が気になってきますよね。

そんな時は、いま話題の宅食サービスを利用してみるのはいかがでしょうか。

宅食と聞くと、以前は高齢者や病気の人のための療養食といったイメージが強かったかもしれません。

でも最近は、一人暮らしの学生や社会人といった若い人を対象にした宅食が多数登場しています。

中でも「nosh – ナッシュ」や「三ツ星ファーム」は、SNSを中心に情報を発信しているのもあって、20~40代を中心に人気を集めています。

どちらも、カロリーや塩分、糖質に配慮された栄養バランスの良さと、それでいて美味しくボリューム感のある料理が高く評価されていました。

特に「nosh – ナッシュ」は値段も手頃だと言えます。

1食分が税込み599円から購入できますし、長く続けるほどに安くなる割引制度のおかげで、最大1食あたり100円引きにもなるのはとてもお得ですよね。

自炊をする人の多くは、食費を抑えたり健康を気にしたりする目的があると思います。

それが両方とも叶えられて、しかも買い物や調理、片付けの手間が要らないとなれば、コスパもタイパもかなり良いのではないでしょうか。

気になる人はぜひ一度お試しくださいね。

いかがでしたか?

一人暮らしの自炊は高くつくことがありますが、対策することは可能です。

ただ、そのための時間や労力をできるだけ掛けたくない人は、自炊をやめて宅食サービスを利用してみるのも良い方法かもしれません。

時間も労力もお金も有限のものですから、なるべく節約したいですよね。

そのために、どこにどのくらい割り振るのが自分に合ったバランスなのかを、それぞれが考えられたらいいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次