同棲カップルのご飯事情!共働きでご飯の準備がしんどいときってどうしてる?

同棲を始める前は、これから2人で甘く楽しい時間が過ごせる、とわくわくしていたかもしれません。

でも実際に始めてみると、現実はなかなかに厳しくて、楽しいばかりではないと気付く人も多いようです。

特に、毎日2人分のご飯の準備をするのは、思ったよりもしんどいものです。

2人とも仕事をしていればなおさらですよね。

だからどちらか一方に負担が偏ると、不満が溜まって喧嘩にもつながりかねません。

では、同棲カップルのリアルなご飯事情と共に、どうやって無理なくお互いが折り合いをつけられるか見てみましょう。

目次

同棲カップルのご飯事情!共働きでご飯の準備がしんどいと感じる理由

これまで実家、または一人暮らしをしていた人は、毎日のご飯の準備を誰かがやってくれたり、適当にすませていたりしたかもしれません。

それを2人分用意する、しかも毎日となれば、かなりの努力が要りますよね。

大抵の場合、女性の方が料理する流れになりがちですが、彼氏のために美味しい食事を作ろうと頑張っても、思ったように上手くいかないとがっかりします。

忙しい中で一生懸命作ったのに、ありがとうって言われないとか全然手伝おうとしないとかがストレスになることもあります。

また、意外とお互いの味の好みが違っていたことに気付き、作るのが面倒になったなんて人もいるようです。

時々彼氏が作ってくれるのは嬉しいんだけど、こだわりが強すぎて材料費が高いのが悩み、という声を聞くこともあります。

逆に、謎の物体が生まれて食べるのが怖い、なんてこともあるみたいですね。

好きな相手と同棲を始めて、いつでも一緒にいられるのが楽しみ!と思っていたかもしれません。

でも今まで自分の好きな時に自分の好きなものを食べていた2人が、毎日一緒に同じ食事をするためにはちょっとの我慢も必要になるでしょう。

そのお互いに譲る気持ちが足りていないと、ご飯の準備も一緒に食べることも楽しくなくなってしまいます。

むしろしんどい、と思うようになったら残念ですよね。

同棲カップルのご飯事情!共働きでご飯の準備がしんどいときの解決策

ではどうすれば、ご飯の準備がストレスや喧嘩の原因になることを避けられるでしょうか。

まずは、それぞれの役割分担をきちんと決めましょう。

女性が料理を担当する、と決めつけないで、お互いが協力できたらいいですよね。

得意だったり頑張りたいと思っていたりして、主に女性が調理することになったとしても、後片付けは男性が担当したり、ゴミ出しやお風呂掃除などの別の家事を男性が率先したりすることができます。

そうやって、どちらかに負担が偏らないようにしたいですね。

そうやって協力しても、特に仕事が忙しい時期だったりすると、帰ってきてから料理するのはやっぱりしんどいですよね。

そんな時は無理しないで、冷凍食品やスーパーのお惣菜などを活用してください。

いつも出来合いのものに頼っては費用も栄養面も心配ですが、たまに食べるレトルト食品なんかも悪くないですよ。

疲れている時は料理しない、というのも大切ですが、月に数回はデートがてら外食する、と最初から決めておくのもおすすめです。

食事が原因で喧嘩するんじゃなくて、ゆっくり食事を楽しみながら2人の関係を強めてゆけたら素敵ですね。

同棲カップルのご飯事情!共働きでご飯の準備がしんどいときは宅食に頼るのもおすすめ

共働きの同棲カップルには、宅食を利用するのもおすすめですよ。

サイトやアプリから注文して冷凍庫に保存しておけば、半年~1年くらいは余裕で持ちます。

料理する時間も買い物に行く元気もない時に、レンジで温めるだけで美味しい食事がいただけたら助かりますよね。

忙しいと栄養も偏りがちになりますが、とりたい栄養素に合わせてメニューを選べるので、手軽に健康的な食生活を送れるのも魅力的です。

カロリーや脂質を抑えたメニューを売りにしている宅食もありますから、2人でダイエットしたい、なんて時にも便利ですよね。

宅食を頼むとコストが掛かりすぎる、と心配している人も少なくないようです。

確かにレストランクオリティと評判の宅食は、1食あたり700~900円くらいして割高感が強いのですが、ワンコイン前後で頼める宅食もあります。

それでいて、献立を考えたり買い物に行ったりする必要がないだけでなく、ワンプレートの容器は食べ終わったら捨てるだけで、後片付けの手間も省けるのは有り難いですよね。

そう考えると、決してコスパは悪くないと思いませんか?

手軽なだけで美味しくなかったら悲しいですが、最近の宅食はプロの料理人がメニューを監修していたりして、すごく美味しいと評判なんです。

しかもメニュー数が多いので、好き嫌いがある人でも自分好みの味をきっと見つけることができると思いますよ。

同棲カップルが不満を溜めずに仲良く暮らしてゆくために、ご飯の準備を無理しないことは大事だと言えます。

ちゃんとしなきゃ、と頑張り過ぎると、身体を壊したりパートナーとギスギスしたりするきっかけを作ってしまうかもしれません。

それよりもお互いが自分にできることをして協力しながら、時には宅食に頼ったりする、くらいの力を抜いた考え方がいいんでしょうね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次